何歳までがおねしょ?

一般的にはおねしょとは小さなお子さんが、夜寝ている時に無意識のうちにおしっこをしてしまい、布団や下着を濡らしてしまうことです。

小さなお子さん、とありますが、年齢は様々。

2歳くらいでもおむつが取れている子がパンツで寝ているときにおもらしをしたらおねしょ、ですし、5歳6歳でも、夜中トイレに行くのを忘れておしっこを漏らせば夜尿症です。

では夜尿症とはどういった理由でしてしまうのか。

夜尿症はもともと、本人の膀胱の発達度によって大きく個人差が開いてくるものです。

同じ3歳でも、ほとんどおねしょしない子、たまにする子、毎日する子、毎日おむつからはみ出るくらいにする子、と実に様々。

4歳になろうが、5歳になろうが、割合は変われどおねしょをする子というのはいます。

ぼんやりした一般的なイメージでは、4歳くらいから寝るときのおむつは取れて、6歳くらいでは「もうおねしょなんてしないでしょ?」と思われているかと思いますが、膀胱と脳がきちんとおしっこを溜める、溜めたおしっこを外に出す、というのを深夜にも行えるようにならないとおねしょは治りません。

どれほどスパルタをしても、膀胱と脳の状態がきちんとできてこないとおねしょからの卒業にはならないのです。

お昼のトイレトレーニングの際にも結構聞くのですが、この「膀胱と脳のあいだで行われる電気信号による、尿の感覚」というのは非常にデリケートで個人差が大きなものです。

この感覚が昼間はできていても夜はできないという子もたくさんいます。

おねしょをしたときに、気にする子、気にしない子、いろいろいるかと思いますが、基本的には焦らず怒らず、ちょっと困ったように笑いながら「またー?」と受け流すのが一番かなと思います。

膀胱と脳の電気信号が完成しても、飲み物を飲みすぎたり、季節によってはおねしょが増える子もいます。

春~初夏、晩秋くらいだと、寝ているあいだの汗で水分が排出される季節にはまだ早く、しかし日中は暑くてよく飲み物を飲むので、おねしょにつながりやすいとも言えます。

この場合は、膀胱の機能は完成しているので、飲み物の量などで調整してあげることが十分にできます。

膀胱の機能が備わらないでおねしょする子は季節問わず、おむつにたっぷり、という感じです。

だいたい、小学校2年生前後になってもまだおむつもパンパン、という日がほぼ毎日あるなら、そこで初めておねしょの病院に行くことを考える時期かと思われます。

《参考記事:息子が週に2、3回おねしょ|こんなときには?(2)|子育てナビ|イクちゃんネット

コメントは受け付けていません。